いぼは綺麗に除去できる【状態にあった方法で治療をすることが大切】

気になるものをなくそう

女性

簡単に対処できる

いぼはふと気が付いた時にはできているもので、見つけてしまうと見た目がとても気になります。またいくつもできると、早く取りたくなるものです。いぼは大きく分けると尋常性疣贅、伝染性軟属腫、老人性疣贅、足底疣贅の4種類に分かれます。一般的に多く発生しているのは尋常性疣贅です。これは最初の方は小さくて半透明のため、皮膚に出来てもあまり気がつきません。しかし時間が経過すると、徐々に表面がザラザラになって盛り上がってきます。伝染性軟属腫はいわゆる水いぼと言われるもので、プールなどで感染することが多いです。次に老人性疣贅は加齢とともに増えるもので、色は茶や黒とさまざまです。だんだん大きくなる場合が多く、また顔や首といった目立つところにたくさん発生します。最後に足底疣贅です。これは足の裏にできる尋常性疣贅のことで、歩くたびに痛みを伴います。歩行しにくくなるので、なるべく早めに対処する必要があります。多くの場合は良性ですが、中には悪性もあります。これは病院で検査をすると、すぐに判断ができます。そして発生する原因には、ウイルスと加齢の大きく二つがあります。一つは傷口からウイルスが入っていぼができるものです。ウイルスは小さな傷からも入るので、増やさないためにも普段から傷口をガードしておくことが大切です。そして年齢が上がって肌が老化すると、新陳代謝が鈍くなっていぼが発生しやすくなります。これは誰にでもできる可能性があります。また紫外線でより増えるので、普段から紫外線対策をするのも効果的です。目立つところにできるとコンプレックスになってしまういぼですが、クリニックで簡単に切除ができます。またクリニックで診察をしてもらうと、場合によっては健康保険が適用されることもあるので、一度相談をしてみるのも一つの方法です。大きくなってしまったいぼを切除する際には麻酔を使うので、手術中に痛みを感じることがありません。またいぼの原因となっているウイルスも一緒に切除するので、確実な治療法といえます。もう一つはレーザー治療です。これはクリニックでよく用いられる治療法で、いぼに炭酸ガスレーザーを当てることで除去していきます。一番のメリットは、傷跡が残らないため仕上がりが自然なことです。また治療中に痛みを感じることがないので、気楽にクリニックに通えます。レーザーを当てたところには炎症もほとんど起こらないので、顔や首などの人目につきやすい部分にも使用できます。また一度の施術にかかる時間は短いので学校や仕事の帰りに寄りやすく、その後に何度も通院する必要がありません。施術した後は、すぐに帰宅できるくらい手軽です。レーザー治療は再発の可能性も少ないので、かなり高い効果が期待できます。このようにいぼの治療にはいくつも方法があるので、状態やできている部分に合わせたやり方が選べます。クリニックのどの治療法も時間がかからず、その後の生活にも支障が出ないので簡単に挑戦できます。一度できてしまうとコンプレックスになってしまうものですが、自分が考えているよりも手軽な対処法がクリニックにあるのも魅力です。