拡散するタイプのものも|いぼは綺麗に除去できる【状態にあった方法で治療をすることが大切】

いぼは綺麗に除去できる【状態にあった方法で治療をすることが大切】

拡散するタイプのものも

顔に触れる女性

増える前に対処する

性別や年齢を問わず誰でも出来る可能性のあるいぼには、複数種類があり大きなサイズのものは切開手術による治療が必要となります。足の裏にできたものの場合は、魚の目と見分けがつきにくいものもありますが根の部分が異なります。紫外線を浴びることにより増えるタイプのものは老人性と呼ばれている種類が多く、帽子や日焼け止めなどを使用する事で防止する事が可能です。脇の周辺など皮膚の蒸れやすい部分には水いぼが出来やすく、柔らかいのが特徴です。感染場所としてはプールで感染する事も多く、小さな子供もかかりやすくなっています。治療方法も複数あり、小さなサイズのものではレーザー治療や液体窒素での除去も可能です。また、原因によっては取れやすくなるとされているヨクイニンの飲み薬を服用して治す方法もあります。いぼが出来にくい体質になる事を希望する方は、レーザーなどの除去治療とヨクイニンの服用を両方行う方もいます。ウイルスが原因となっているいぼの場合は、患部を引っ掻く事でウイルスが周辺に拡散して数が増えてしまうものもあり早めの治療が大切です。また、家族や周囲の人にウィルスタイプのものの場合は移る事もあるので、注意が必要となります。家族の中で複数人いぼになっている人がいる場合は、家族全員で同時に治療を行うと効果的です。首回りにたくさんできてしまっている場合は、レーザー治療などで一度に複数取る事で拡散しづらくなります。拡散の可能性の高いものが複数出来ている場合には、同時に治療できる方法を選ぶと治療しやすいと言えます。いぼを発見した際に気をつけなくてはいけない点としては、患部を強く引っ掻いたり無理に取ろうとしたりしない事です。特に硬いタイプのいぼは根が深くなっている可能性もあり、突起の部分のみを削ったとしても完治しないので早めに病院での治療を受けるようにします。根が深いものの場合は、医師に手により切開手術を受けて根そのものを取ってしまうと再発の可能性が減り安心です。首回りに出来るいぼの原因としては、紫外線を浴びすぎたり衣類が擦れて細かい傷が付いたりする事で増えてしまっている事もあります。予防策として、紫外線防止のケアをまめに行いながら皮膚科で出来てしまったものを取る方法がオススメです。治療の跡を残したくないという方の場合は、美容皮膚科の自由診療で跡が残りにくい治療を受ける事が出来ます。美容皮膚科で受けられる治療法は、保険適用の治療に比べると料金はかかりますが、自分で行いたい治療を選ぶ事ができるので人気です。レーザーでの治療を希望する場合であっても、根が深くなっているものに関しては切開による治療をすすめられる事もあります。その場合は、医師のすすめる治療方法を行い、アフターケアで傷跡が残らないように治療していく方法があります。小さなサイズのいぼや目立たない場所に出来ているいぼの治療方法として、ヨクイニンの服用による治療を選ぶ方も増えており好評です。レーザー治療や切開による治療と比べると時間がかかりますが、根の部分から自然と取れるため再発しづらくなるという特徴があります。特に美容皮膚科の場合は、クリニックによって導入している治療方法が異なるので、ホームページなどで治療内容を確認してから診察してもらうようにすると希望の治療を受けやすくなります。