いぼは綺麗に除去できる【状態にあった方法で治療をすることが大切】

いぼは綺麗に除去できる【状態にあった方法で治療をすることが大切】

特徴と種類

カウンセリング

色々な治療法がある

いぼは皮膚にできた突起物の一種ですが、同じように見えていても原因が違っていたりできる部位が違うと呼ばれる名前が変わってきます。最もよく見られるタイプは尋常性疣贅と呼ばれるもので手足の関節によくできます。こういった部位は擦れたり怪我をしたりすることが多いところで、刺激が加わりやすいことが特徴です。硬く突起しており初期の時には小さなものですが、徐々に大きくなっていくことが多いようです。これと同じ種類のもので脚の裏にできるものを足底疣贅と分けて呼ばれることもあります。尋常性疣贅や足底疣贅ができる原因はウイルスで、けがをした部位からウイルスが入りこんで発生します。来られ都は違った原因で発生するのが老人性疣贅で加齢によりできやすくなります。皮膚が加齢現象を起こすことでできることと、足の裏や手の平以外の場所は全身どこにもできるのが特徴です。でき始めの時期は1〜2ミリの小さなものですが、時間の経過と共に大きくなっていきます。色や形は様々なものがあり、濃い色のものから薄い色のもの、平らなものから隆起しているものまで決まった形状はありません。誰でも年をとるとできやすくなりほとんどが良性のいぼです。しかし中には悪性のものがまぎれていることがあるので大きさが急激に大きくなるようなものは病院で診てもらうとよいでしょう。他にも水いぼや青年期にだけできる扁平疣贅、尖形コンジロームなどもいぼの仲間になります。よくできるものは尋常性疣贅や老人性疣贅で、皮膚科や美容外科クリニックで切除対象となるものもこのふたつがほとんどでしょう。代表的なものである尋常性疣贅ができやすい部位は指と足の裏、どちらも角質が厚い部位だという特徴があります。ウイルスの感染が元になってできる種類のいぼですが、傷口から入った後に角質の中に入り込み、角質内で増殖をするという性質があります。そのため首や体、顔などの角質が薄い部位にはできにくいようです。反対に老人性疣贅と呼ばれる種類のものは角質が厚くない部位にできることが多く、できている部位を診ることでどちらの種類のいぼか見当をつけることもできます。これらのいぼは美容整形外科や皮膚科で治療を受ければ取り去ることが可能で、最近ではレーザー治療で簡単に治療できるようになってきました。治療の方法は保険適応となっている液体窒素を用いる方法があります。この方法は痛みを伴うことが多いことと治療に時間がかかることがあるというデメリットがあります。しかし保険適応で治療にかかる金額を抑えることができます。レーザー治療はいぼの大きさなどによって保険適応にならないこともありますが、痛みはなく、早く治療できるという良さがあります。他にはハトムギエキスを内服する方法があり、これは保険適応となっています。また外用薬として消毒液をいぼにつけるという治療法もあり、ほとんど痛みもない方法ですが、保険の適応はされません。塗り薬ではベルセナクリームの塗布も効果があります。このように色々な方法があるので、主治医と相談をして状態にあった方法で治療をすることが大切です。それぞれにメリットとデメリットがあることを知っておきましょう。

女性

気になるものをなくそう

いぼは大きく分けると4つの種類があり、それぞれ対処法が違います。また発生する原因は、ウイルスと加齢です。クリニックに行くと、切除やレーザー治療で簡単にいぼを取れるので、すぐにコンプレックスがなくなります。

顔に触れる女性

拡散するタイプのものも

手足や首回りなど様々な部分に出来るいぼは、原因によっていくつかの種類に分けられます。加齢に伴い出来やすくなる老人性のものや、年齢問わず出来るウィルス性のものなどが挙げられ、レーザーや切開による治療が有効です。

看護師

受診を迷っている方に

いぼは自然に治る事はないので、早めに医療機関に受診する事が推奨されます。除去する方法には保険がきくものときかない方法があり、状態や希望に合わせた治療方法を選択できます。保険適用外の手法としてはレーザーが主流です。